2014/06/19.Thu

梅雨の晴れ間に

保護犬と卒業犬の悲しいお知らせが相次ぎました。

訃報に接した方それぞれが何かを感じ、自分のワンコを抱きしめたと思います。

ずっと側にいてね。

ワンコの耳元で囁いた人も多いのではないでしょうか。


名前をもらって、温かい寝床とご飯、そして大きな愛に包まれて虹の橋を渡ることができた。

幸くん ジョンくん 幸せだったね。

でもね、もっともっと欲張っても良かったんだよ。




今年は白い紫陽花が沢山花をつけました。


IMG_2592[1]_R 



虹の橋を渡った子たち

思いっきり遊んだら帰って来てね



“いつか会えるよ”





















スポンサーサイト
かーさんのひとり事 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示